薄毛対策における育毛と発毛の考え方の違い

薄毛対策における育毛と発毛の考え方の違い

髪の毛を生やすという言葉の中には育毛と呼ばれる言葉と発毛と呼ばれる言葉がありますが、この場合の育毛というのは生えている髪の毛を元気にして健康な髪の毛が育つようにすることで、育毛剤というのは髪の毛の成長を促進させるものですが、発毛というのは0から髪の毛を作り出すことで、完全にはげてしまった場合は育毛ではなく発毛が必要になります。

 

育毛剤の場合は髪の毛を元気にすることを目的としているため、髪の毛の成長を促すような成分が含まれている場合や頭皮の環境を整えるような成分が含まれている場合がほとんどですが、発毛剤になってくると0から髪の毛を生やすことが目的となっているため、細胞レベルの成分の話しになってきます。

 

これからも分かるように育毛剤に比べると発毛剤が持つ役割の方が、薄毛対策には大きな役割となっていますが、完全にはげてしまって頭皮が出てしまっている場合ではない限りは、育毛剤を使用した薄毛対策で十分効果を得ることができますが、全く髪の毛が無いスペースが出来ている場合は発毛剤に頼る必要が出てきます。

 

発毛剤の使用になってくると市販の発毛剤ではなく、発毛専用クリニックなどに通って薄毛の原因や頭皮の環境を調べてもらってから、それに合わせて発毛剤の処方をしてもらうことをおすすめしますが、発毛剤の場合は育毛剤に比べると費用が高い場合がほとんどなので、予算的な面でも十分に考える必要があります。

 


関連ページ

自分の薄毛の原因を知る方法
自分が薄毛になってしまったのは何が原因?自分の薄毛の原因を知る方法について解説しています。
即効性に優れている薄毛対策はかつらやウィッグ
今すぐ薄毛を解消する方法とは?かつらやウィッグなら薄毛対策を瞬時に可能にします!
かつらやウィッグの相場
即効性薄毛対策はいくらで出来る?かつらやウィッグの相場について解説しています。
食生活の改善で薄毛対策
食べ物を改善することで薄毛は治るの?食生活の改善でする薄毛対策について解説しています。
運動をして薄毛対策
カラダを動かすことで薄毛対策って可能なの?運動でする薄毛対策について解説しています。

▲TOPへ戻る