帽子やヘルメットを被る場合の薄毛対策

帽子やヘルメットを被る場合の薄毛対策

帽子やヘルメットを日頃から頻繁に被っている人は薄毛の確率が高くなっていますが、帽子やヘルメットを被っていると帽子やヘルメットの中は外部からの空気とのやりとりが無くなり、これによって内部の温度は上がってしまい頭皮からは汗が出るようになりますが、この汗は雑菌が好む成分が含まれているので、急速に雑菌が頭皮に繁殖してしまいます。

 

頭皮に雑菌が繁殖してしまったら毛穴にフケが多く溜まるようになり、毛穴が塞がれてしまうことで新しい髪の毛を生成することが難しくなってしまうため、帽子やヘルメットを被ると薄毛になりやすくなるのですが、どうしても仕事の関係で帽子やヘルメットを被らないといけないという人はたくさんいると思います。

 

そのような場合にできる薄毛対策としては、ヘルメットや帽子を被る場合に時間が空いた場合はヘルメットや帽子の内部の換気を図ることで、特にヘルメットや帽子の指定が無い場合は通気性が良いヘルメットや帽子を被るというのも方法の一つです。

 

また、ヘアワックスやヘアスプレーを髪の毛に付けた状態で帽子やヘルメットを被るのは厳禁ですが、ヘアワックスやヘアスプレーを髪の毛に付けた状態で帽子やヘルメットを被ると、帽子やヘルメットの内部で汗をかき、それによってヘアワックスやヘアスプレーの成分が溶け出してしまい、頭皮に付着することによって頭皮の環境を悪化させてしまう原因になるので注意が必要です。


関連ページ

パーマや髪の毛を染めている人の薄毛対策
パーマも薄毛の原因になってしまうって知っていましたか?パーマや髪の毛を染めている人の薄毛対策について解説しています。
ヘアワックスやヘアスプレーを使用する場合の薄毛対策
ヘアワックスやヘアスプレーは薄毛の一因になります!ヘアワックスやヘアスプレーを使用する場合の薄毛対策について解説しています。
シャンプーの方法を変えることによる薄毛対策
シャンプーでも髪の毛にはダメージが蓄積することも!シャンプーの方法を変えることによる薄毛対策を解説しています。
ドライヤー使用時の薄毛対策
ドライヤーはよく聞く薄毛の原因!ドライヤー使用時の薄毛対策についてわかりやすく解説しています。
ブラッシングをする際の薄毛対策
櫛の使い方でも薄毛になってしまう?ブラッシングをする際の薄毛対策について解説しています。

▲TOPへ戻る