ドライヤー使用時の薄毛対策

ドライヤー使用時の薄毛対策

頭を洗ってお風呂から出て髪の毛を自然乾燥させる人がいますが、夏場で髪の毛が短い人なら自然乾燥でもすぐに乾くため、自然乾燥させたのでも問題ありませんが、髪量が多い場合や冬場など髪の毛が乾きにくい時期の場合はできるだけドライヤーを使用して髪の毛を乾かすようにして、自然乾燥で髪の毛を乾かすのはできるだけ辞めましょう。

 

なぜ、ドライヤーを使用して髪の毛を乾かす必要があるのかということですが、ドライヤーを利用することによって短時間で濡れた髪の毛を乾かすことができますが、濡れている髪の毛は雑菌の繁殖がしやすい環境となっているため、デリケートな頭皮の部分に悪影響を与える雑菌が増えたことで髪の毛が抜けやすくなる可能性があります。

 

こうした雑菌の死骸はフケという形になりますが、フケが多くなると髪の毛が生えてくる毛穴にフケが詰まるようになり、これが栓となって新しい髪の毛が生えてくるのを抑制してしまう可能性があるので、フケが出ないような頭皮環境を作ることが薄毛対策において重要なポイントになってきます。

 

また、ドライヤーを使用する場合はあまり熱い温度で乾かしてしまうと髪の毛に対してのダメージが強くなってしまうので、できれば高温ではなく低温で長時間かけて乾燥させることをおすすめしますが、低温でも乾いた風をどんどん髪の毛に送っていると思っている以上に髪の毛は早く乾いてくるので、そこまで低温による乾燥でもストレスは感じないと思います。


関連ページ

パーマや髪の毛を染めている人の薄毛対策
パーマも薄毛の原因になってしまうって知っていましたか?パーマや髪の毛を染めている人の薄毛対策について解説しています。
ヘアワックスやヘアスプレーを使用する場合の薄毛対策
ヘアワックスやヘアスプレーは薄毛の一因になります!ヘアワックスやヘアスプレーを使用する場合の薄毛対策について解説しています。
シャンプーの方法を変えることによる薄毛対策
シャンプーでも髪の毛にはダメージが蓄積することも!シャンプーの方法を変えることによる薄毛対策を解説しています。
帽子やヘルメットを被る場合の薄毛対策
髪の毛は蒸し蒸しするのを嫌うって本当だったの?帽子やヘルメットを被る場合の薄毛対策について解説しています。
ブラッシングをする際の薄毛対策
櫛の使い方でも薄毛になってしまう?ブラッシングをする際の薄毛対策について解説しています。

▲TOPへ戻る