シャンプーの方法を変えることによる薄毛対策

シャンプーの方法を変えることによる薄毛対策

毎日のお風呂で欠かせないのがシャンプーですが、シャンプーは毎日するものなので、わざわざシャンプーの方法まで気を配る人は多くないと思いますが、シャンプー一つとっても、薄毛対策になる場合や薄毛を進めてしまう原因になるので、薄毛が気になるようになった場合はシャンプーの方法を見直すということも考えましょう。

 

シャンプーをする場合にシャンプーの液体を頭皮に直接付着させてから髪の毛を洗う人がいますが、シャンプーは頭皮に馴染むように作られている成分とは言っても、頭皮に直接付着させてしまうと刺激が強く、頭皮が荒れる理由にもなるので、必ず髪の毛にシャンプーの液体を付着させるようにしましょう。

 

また、シャンプーで頭を洗う場合に頭皮をゴシゴシ洗う人も多くいますが、頭皮のフケや皮脂を洗い流すことは薄毛対策において重要なポイントであることは間違いありませんが、過剰に洗い過ぎると頭皮が荒れてしまい、それが起因して新しい髪の毛が生えにくい環境になり、薄毛が進んでしまう原因になってしまうこともあります。

 

シャンプーをする場合に熱いシャワーで頭髪についているシャンプー液を流す人が多いと思いますが、シャンプーの液をきれいに洗い流すことはもちろん大事で、シャンプーの液が髪の毛に残っているとこれも頭皮が荒れる原因になりますが、それよりも高水温の水が頭皮にかかり続ける負担の方が大きいため、シャワー温度はできるだけ体温に近い温度にしましょう。


関連ページ

パーマや髪の毛を染めている人の薄毛対策
パーマも薄毛の原因になってしまうって知っていましたか?パーマや髪の毛を染めている人の薄毛対策について解説しています。
ヘアワックスやヘアスプレーを使用する場合の薄毛対策
ヘアワックスやヘアスプレーは薄毛の一因になります!ヘアワックスやヘアスプレーを使用する場合の薄毛対策について解説しています。
ドライヤー使用時の薄毛対策
ドライヤーはよく聞く薄毛の原因!ドライヤー使用時の薄毛対策についてわかりやすく解説しています。
帽子やヘルメットを被る場合の薄毛対策
髪の毛は蒸し蒸しするのを嫌うって本当だったの?帽子やヘルメットを被る場合の薄毛対策について解説しています。
ブラッシングをする際の薄毛対策
櫛の使い方でも薄毛になってしまう?ブラッシングをする際の薄毛対策について解説しています。

▲TOPへ戻る