寝不足と薄毛の関係

寝不足と薄毛の関係

髪の毛は起きている間よりも寝ている時の方が効率よく生成されると言われていますが、これは睡眠中に成長ホルモンと呼ばれるホルモン物質が分泌されるためで、小さい子供に対して寝る子は育つというのも、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて成長を促すためですが、この成長ホルモンが正常に働くか働かないかによっても髪の毛の生成速度は大きく異なってきます。

 

また、睡眠不足になってしまうと成長ホルモンの恩恵があまり受けられないというのは感覚的に分かるかと思いますが、睡眠がたくさん取れている場合でも成長ホルモンの恩恵が受けられない場合が多く、これは質の良い睡眠が取れていないことが理由となっています。
薄毛対策をする場合は質の良い睡眠を心がけることが大事ですが、睡眠不足になってしまうと成長ホルモンによる恩恵が受けられないだけでなく、全身の内臓機能が低下してしまうため、これによって髪の毛に必要な栄養分がなかなか運ばれなくなってしまい、健康な髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

 

寝不足と薄毛の関係にはこうした因果関係がありますが、薄毛の症状で悩んでいる場合に薄毛の原因を男性ホルモンの働きやストレスによる薄毛だと決めつけてしまう傾向にありますが、その薄毛の原因が寝不足による原因である可能性も少なからずあるので、薄毛対策をする場合は自分がどのような理由で薄毛になっているかという原因を調べて対策をすることが大事になります。


関連ページ

最近増えているストレスによる薄毛
今増えている一つの抜け毛の形に迫る!最近増えているストレスによる薄毛について解説しています。
食べ物や飲み物と薄毛の関係
食生活は髪に影響を与えるもの?食べ物や飲み物と薄毛の関係について解説しています。
男性特有の薄毛の原因
性別によって薄毛の原因に違いがあるの?ここでは男性特有の薄毛の原因について解説しています。
女性に見られる薄毛の原因
性別によって薄毛の原因に違いがあるの?女性特有の薄毛の原因についてわかりやすく解説しています。
喫煙による薄毛
タバコは薄毛の原因となりえるの?喫煙による薄毛についてわかりやすく解説しています。

▲TOPへ戻る