子供と大人で変わる髪質

子供の頃は髪の毛がたくさんあったのに、同窓会などで久々に同級生に会うと薄毛が進行して髪の毛がかなり少なくなっているという場合もありますが、子供の頃に髪の毛がたくさんあったからといって、大人になってもその状態が継続されるわけではなく、反対に子供の頃は髪の毛がそう多くなくても、将来にわたって薄毛に悩まされない人もいます。

 

髪の毛の質は男女問わず、成長の過程で変わるのが一般的となっていますが、特に髪の毛の質が変わりやすくなる時期としては、男性ホルモンや女性ホルモンが活発に分泌されるようになる思春期頃であり、この頃はホルモンの分泌が過剰になることによって一時的に薄毛になってしまう場合がありますが、症状は一時的で割と早く元に戻ります。

 

特に男性ホルモンの作用は薄毛に対して悪影響を与えると言われていますが、思春期頃は細胞の働きが非常に活発ということもあって、どんどん新しい髪の毛が作られていっている段階なので、髪の毛が抜けやすくなっていてもそれ以上に新しい髪の毛が生えてきやすくなってきているため薄毛になることはあまりありません。

 

しかし、大人になってくると細胞の働きが老化によって不活発になってくるため、これまで効率的に細胞分裂をしていた髪の毛の細胞分裂が進まなくなり、それよりも抜ける髪の毛が増えてくるため、薄毛に繋がってくるのですが、こうなると薄毛対策をする場合は体内の環境から変えていく必要があります。


関連ページ

髪の毛が果たす役割とは
人にとって髪の毛はどんな働きがあるの?ここでは髪の毛の果たす役割についてわかりやすく解説しています。
どのようにして髪の毛は生えてくるのか
髪の毛の成長メカニズムに迫る!髪の毛はどんなふうに生えてくるのかについて解説しています。
健康な髪の毛でも髪の毛は抜けている
抜け毛のメカニズムにフォーカス!健康な髪の毛も実は抜けているのかについて解説しています。
髪の毛の寿命について
髪の毛は生えていから抜けるまでのライフサイクルを持っているって本当?ここでは髪の毛の寿命について解説していきます。
男性と女性の髪の毛の違い
髪の毛は性別によってどんな違いがあるの?男女の髪の毛の特徴や性質について解説していきます。

▲TOPへ戻る